自覚症状があるなら

「バイアグラ」は性機能障害のひとつであるED(勃起不全)を治療する薬で1999(平成11)年に日本で発売が認可されて一躍話題の中心になった。

現在ではED治療薬の代名詞となって、たいへん高評価を得ている医薬品だ。

バイアグラと登場につれてED(勃起障害)という疾患があることが一般に知られることになった。

そういった角度からみるとバイアグラは社会的にも大きな影響を来した治療薬である。

実際に世の中の男性はこぞってバイアグラに注目しはじめたのだ。

では、どうしてここまでバイアグラは話題になったのだろうか。

それは他の精力剤と決定的に違う部分があり「医薬品」として取り扱われていることと、勃起障害治療に目的を絞っていることだ。

私自身がED患者だから、このあたりの話は詳しいのだ。

男性専門のクリニックを受診し医師に「勃起不全ですね」と診断されたのだ。

「もしかして何かの性病なのか」という心配があって病院に行ったのだが、そこでEDであることが判明したのである。

性病の方は全く問題はなく、私の勘違いだった。

バイアグラは基本的に勃起を促進することが目的で、それ以外の健康面の影響については二の次になっているので人によれば副作用があったりするらしい。

もしも「最近、ペニスの勃起力が弱くなってきた」と自覚症状があるならば「疲れているだかだ」なんて自己判断せずにきちんとクリニックで診て貰うことをおすすめする。

EDの場合は医薬品専門のインターネット通販サイトで安く手に入れることができるからおすすめだ。